白髪染めの選び方

ニキビについて

大きく分けてニキビには「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」があります。

大人ニキビは二十歳以上の人がよくなるニキビで、顎や口の周り、鼻、頬にできます。
一年中できているのがその特徴です。

このニキビの主な原因は、皮脂の質と角質の衰えです。
皮脂の質を悪くする原因は

  • 不規則な生活習慣
  • 偏った食生活
  • 職場の環境
  • 人間関係でのストレス
これらは何もニキビだけではなく、白髪や薄毛、顔のしわなどにも関係してきます。
また、大人になると水分を保つ角質の動きが悪くなります。
ですので乾燥した肌に対して皮脂の分泌が多い状態になり、ニキビは発症します。

思春期ニキビは、十代の人が多く、額や鼻、頬、顎など顔全体から、胸や背中にできます。
春から夏にできているのが特徴です。
主な原因はホルモンのバランスが崩れることです。

思春期の時期は男女ともにホルモンの分泌量が高まり、皮脂が過剰に分泌されます。
これによって毛穴が皮脂で詰まってしまい、ニキビの初期段階である白ニキビなどができてしまうのです。

思春期ニキビは原因がわりとハッキリしているのに対し、大人ニキビは原因がさまざまです。

ですので大人ニキビは、なぜできたのか原因を突き止めるのが先でしょう。
大人ニキビの症状は、口の周りからあごや、こめかみにかけてニキビが出来てくる。
毛穴が白く膨らんでいる。毛穴が開いていて黒い小さい点に見える、などです。

大人ニキビは、思春期の時に出きるニキビと比べて、治りにくいと言われています。
そして、治療を間違えると、跡が残ってしまいやすいものです。
ニキビをキッチリと治すためにニキビに関する知識を身につけましょう。

大人ニキビの原因は、皮脂や汚れがおおい。皮脂や汚れが、毛穴を塞いでしまうことで出きるといいます。
更には、ストレスや生理等のホルモンバランスが乱れることも大きく関係していると言われています。

大人ニキビの治療には、油分の少ない洗顔を使うことが良いとされていることから、
脂は天敵ですね。

このように大人ニキビは非常に治りにくいし、跡が残ってしまう可能性があります。
更には、シミの原因になったりすることもあるので気をつけて頂きたいと思います!!!