白髪染めの選び方

目の疲れは溜めないようにしましょう

普段から目が疲れやすい環境で生活をされている方、
目の疲れは溜めないようにすることが大きなポイントです。

一過性の目の疲れであればよいのですが、
お仕事上、よく目を使うようなお仕事をされている方々・・・
パソコンを使うようなお仕事や長距離ドライバーの方々は特に注意が必要です。

目の疲れは軽いうちであれば、一晩寝れば解消されますので、
翌日になれば、ある程度気にならなくなります。

しかし休んでもなかなか改善されない、、最近目が悪くなった、、、といった、
見え方に影響してくるようであれば、それは眼精疲労かもしれません。

一度眼精疲労を起こしてしまうと、すぐに改善が出来ないものです。
ですからそうなる前に、日々目に疲れを溜め込まないように
配慮してあげることが大切です。

適度に休憩を取るようにする、
目に良いとされるポリフェノールなどの栄養サプリを摂る、
目の疲れをとるツボを押したり、マッサージをしてあげるなど、
目をいたわってあげましょう。

目の疲れ

それでは現代人の悩みである眼精疲労は、なぜ起こるのでしょうか?

人間はものを見る時、眼球の中にある「毛様体筋」を動かして焦点をあわせます。
これはものを見るために必要な筋肉で、
健康な人であれば筋肉の収縮がスムーズに行われるので、
すぐに焦点を合わせることができます。

しかし、長い間ものをじっと見つめていると、毛様体筋が正常に動かなくなり、
焦点を合わせるのに時間がかかったり、全く合わせられなくなってしまったりします。
これが、疲れ目です。

つまり、目の中の筋肉の疲労により焦点が合わせにくくなる=ものが見えなくなる、
見えるまで時間がかかることを眼精疲労と読んでいます。

では、毛様体筋の動きを正常にするにはどうすればいいか?というと、
疲れ目の場合は毛様体筋が緊張状態にあることがほとんどなので、
その緊張を解すために遠くを見たり、
目を閉じて筋肉を温めて緊張を解してあげましょう。

一日の終わりには、あまり目を使わなくて済むように
ゆっくりお風呂に入ったり、夜景を眺めて過ごすのが良いですね。