野菜不足解消

野菜不足解消

最近ではごくごく普通に飲まれるようになった青汁だが、
以前は「不味い」が代名詞だった。

野菜ジュースの画像 まだ今ほど健康ブームではなかった頃、某メーカーが青汁をCMに打ったことで
「青汁」という名前が世に知れ渡ったのではないかと思う。

「青汁」とは緑葉野菜のことで一般的にはケールが主である。
ケールとはアブラナ科の植物で欧米ではロールキャベツなどに利用されている野菜である。

栄養価が高く年中通して収穫出来るが独特のくせがあり日本ではケールそのものを野菜として食べられることない。その為、日本では青汁などでその栄養を摂取しようと考えられた。

また、キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーなどはケールを品種改良して作られた。
青汁として世に出回り始めたケールだが、しかしながらやはりその独特のくせは完全には取れずそれまでは健康志向の強いユーザーのみ愛飲されていた

しかし、近年品質改良が進み、
色々なメーカーが大麦若葉やヨモギなどを使って飲みやすい青汁を発売。

現在、一般的な健康飲料になった。

近年の日本では外食の増加や朝食の欧米化または欠食率の上昇、そして過度なダイエットなどにより一日に摂取しなければならない野菜の量をはるかに下回っていることをご存じだろうか。

野菜の平均摂取量は一日350g。
しかし日本人は約290g程度でしか摂取出来ていない。

              トマト畑の画像     
毎日健康的でいるからにはバランスのよい食生活を心掛けたいものだ。
そこで忙しい現代人向けに...お手軽に野菜不足を補って貰えると注目されているのが青汁だ。

一昔前はあの独特の苦みから相当敬遠されていた青汁だが、現在ではお茶やジュース感覚で飲めるように改良され青汁の人気は急上昇している。

また自分なりに色んな飲み物と割ってオリジナルの青汁を作ってみるのもいいのではないだろうか。

どのメーカーの青汁も栄養がありそうで、飲みやすそうだが今、一体どこの青汁が一番売れているのだろうか。

そんな時はよくある青汁のランキングサイトなどをみてみたらいかがだろうか。
今では数多く存在し、大手企業が青汁販売に参入したりしているので、
きっと興味を注がれるだろう。