白髪染めの選び方

白髪染めの種類

白髪染めには大きくわけて4種類あると言われています。
どういった種類、特徴があるのかといいますと・・・


●ヘアカラータイプ
 髪にカラーの染料を染み込ませる方法です。
 女性であれば利用されている方は多いでしょう。
 効果が高く持ちも良いですが、
 髪や頭皮にダメージを与えやすいのが難点です。

●シャンプータイプ
 毎日の使用で徐々に染めていくといったタイプです。
 髪や頭皮に負担は少なく、カラーリングのように時間が経つと
 根元が地毛の色になりムラが目立つ・・・といったことはありませんが、
 効果が出るのに時間がかかるのが難点です。

●カラースプレータイプ
 白髪が気になる部分に吹き付けるといったタイプで、
 手軽に染めることが出来る上、髪を洗えば色が落ちるので使いやすい反面、
 この点がデメリットでもあるかとも思います。

●ヘアマニキュアタイプ
 髪の表面をコーティングするためキューティクル効果が見込める上に
 しっかり色を変えてくれます。
 ダメージも少ないので良い点が多いですが、
 残念なことに色の持続性が短いです。



これらが大きく分けた時の種類ですが、
個々の方法でも効果や持続時間、髪・頭皮へのダメージの違いがあります。

ちなみに、最も多く利用されているタイプは、
一回で一番しっかり染まる、ヘアカラータイプです。
やはりダメージを与えやすい分、しっかりと染まるので
よく利用されているようです。

カラースプレータイプはその場凌ぎ、といった印象がどうしても強いですね。
しかし、根本が伸びてきたけど、まだヘアカラーはしたくないな、
という時には便利なのではないでしょうか。


基本的には・・・
あまり髪や頭皮にはダメージを与えにくいものを選択するのが良いと思います。
美容院などであれば、その辺を気にかけてくれるところもあります。
繰り返しするのであればこの辺りは考慮したいところですね。